SQUEEZE

「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」というビジョンのもと、ホテル業界のDXを推進している株式会社SQUEEZEのnoteです。クラウド宿泊運営システム「suitebook」の提供と、ホテルブランド「Minn」「Theatel」の運営をしています。

社員インタビュー

SQUEEEで働くメンバーを紹介する【SQUEEZE Voice】です!

すべて見る
  • 7本

【SQUEEZE Voice】宿泊の業務変革に挑む!SQUEEZEの肝いり自社SaaS「suitebook」のフロントマン以倉に聞いてみた、やりがいと働き方。

こんにちは、SQUEEZE広報チームです! SQUEEZEのことをより知っていただくための【SQUEEZE Voice】 今回は、ソリューション事業部の以倉(いくら)のインタビューをお送りします! 以倉は、ホテルや民泊などの宿泊事業者向け物件管理システム「suitebook(スイートブック)」の営業兼カスタマーサクセスで活躍しているメンバーです。 是非ご覧ください!  ■SQUEEZEに入社するまでのキャリアについて教えてください。 新卒で東京・警視庁に入庁したの

スキ
4

【SQUEEZE Voice】大手リゾート運営会社→社員数約30名のSQUEEZEへ転職!~人事が語る「0→1のチャレンジ」~

こんにちは、SQUEEZE広報チームです! SQUEEZEのことをより知って頂くための【SQUEEZE Voice】 今回のインタビューは コーポレート部にて人事として採用や労務、広報など幅広く活躍中の 野崎 です。 是非ご覧ください!  ◆今までのキャリアを教えていただけますか? 2010年に大学を卒業し、新卒でリゾート運営会社である星野リゾートに入社をしました。 入社してから約4年間は静岡と箱根の旅館で現場の業務を行なっていました。 前社の働き方の特徴であるマル

スキ
3

【SQUEEZE Voice】SQUEEZEの魅力はここにあった! ~エンジニアが働きやすい環境があるから成長できる

こんにちは、SQUEEZE広報チームです! SQUEEZEのことをより知って頂くための【SQUEEZE Voice】 今回のインタビューは、エンジニアの 新井(@maasa142) です。 ストーリーを是非ご覧ください! ◆今までのご経歴を教えてください! 新卒でSNSマーケティングを行うアライドアーキテクツ株式会社に入社しました。大学の学部は文学部なのでコンピューターサイエンスの勉強をしていたわけではないのですが、IT・Webサービスが昔から好きでした。中でもFaceb

スキ
3

社員インタビュー【SQUEEZE Voice】スマートホテル事業部・津田〜SQUEEZEが、「フロントスタッフ」「清掃スタッフ」と呼ぶのをやめた理由〜

SQUEEZE広報チームです! SQUEEZEで働くメンバーのことを紹介するインタビュー企画 【SQUEEZE Voice】どんどん更新していきたいと思います! 今回はスマートホテル事業部・津田(つだ)のインタビューをお送りします! 業界未経験からホテルの現場に飛び込み、今ではSQUEEZEが「クラウド型ホテル運営」を推進する上で肝となる現場=「オンサイトチーム」の構築をリードするまでになった津田。 入社から今に至る想いを熱く語ってもらいました! ぜひご覧ください。

スキ
25

事例紹介

SQUEEZEが取り組む宿泊業界のDX推進事例や、各パートナー企業との対談をお送りします!

すべて見る
  • 5本

DXパートナー対談【VOREAS×SQUEEZE】〜スポーツビジネスの先駆者と語る「スポーツ×ホテル」が地方の未来を変える!?〜

ホテル運営企画やソリューション連携にて、業界のDXを推進していくパートナー企業の方々とSQUEEZE CEO舘林による「DXパートナー対談」企画! 今回は北海道を本拠地とする男子プロバレーボールチーム、V.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属する「ヴォレアス北海道」の運営会社である、株式会社VOREAS(以下、VOREAS)の池田社長にご登場いただきました! VOREASとSQUEEZEは2020年10月にオフィシャルパートナー契約を締結し、SQUEEZE

スキ
20

【ホテルDX推進事例】日本ユニスト 〜熊野古道に宿泊施設を〜「無人ホテル運営」が地方創生の鍵となる!?

日本ユニストの肝入りプロジェクト「熊野古道に宿泊施設を」ー まず貴社の事業内容について教えてください。 当社は「付加価値の高い不動産を提供し、社会に貢献する」という経営理念の元、2011年に創業した、総合不動産ディベロッパーです。土地や物件の潜在的なニーズを見極め、最大限のポテンシャルを引き出す不動産企画開発事業、市場の変化から将来価値の高い地域を選定し、地域の特色を生かしたホテルの開発・運営を行う事業など、複数の事業を展開しています。 ー 今回SQUEEZEと連携した、

スキ
17

【ホテルDX推進事例】〜京王グループ〜沿線の不動産を活用した、新たなコンパクトホテル運営、DX推進を支援

SQUEEZE広報チームです! 本記事では結局SQUEEZEって、どんなことやっているの??を皆さんに知っていただくべく、 当社が取り組む宿泊業界のDX事例をご紹介したいと思います。 今回は京王グループ様との連携によるコンパクトホテル運営についてです。 「暮らすように滞在する」地域とも連携した新しい宿泊体験、コミュニティを創り出すその取り組みをお伝えします! コンパクトホテル運営への新たな挑戦がスタート京王グループでは2017年より、小型不動産・狭小地活用、街づくりや沿

スキ
9

DXパートナー対談【MASSIVE SAPPORO×SQUEEZE】〜SQUEEZEの歴史を知るキーマン登場!?「無人オペレーション型ホテル」はなぜ時代に求められるのか〜

ホテル運営企画やソリューション連携にて、業界のDXを推進していくパートナー企業の方々とSQUEEZE CEO舘林による「DXパートナー対談」企画! 今回は2010年の創業以来、民泊物件運用の先駆者として施設の企画プロデュースから運営までを手掛け、現在は北海道内外で約160室を運用しているMASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ)の川村社長にご登場いただきました! MASSIVE SAPPOROの運営物件においては、そのすべてにSQUEEZEが提供するクラウド型宿泊

スキ
21

サービス紹介

すべて見る
  • 1本

SQUEEZEの目指す「クラウド型ホテル運営」と、宿泊管理システム『suitebook』について紹介します!

株式会社SQUEEZE(スクイーズ)広報チームです。 今回は、SQUEEZEが目指す「クラウド型ホテル運営」について、それを実現するために欠かせない、自社開発の宿泊管理システムである『suitebook』について改めてご紹介いたします! (私たちについては以下自己紹介記事をご覧ください) クラウド運営ソリューションという新しいホテル経営の在り方 SQUEEZEがソリューションとして提供する「クラウド型ホテル運営」においては、オフショアセンター(オンライン)に常駐するクラウ

スキ
17